ご利用案内

大見出しを入力します。

小見出しを入力します。

リード文を入力します。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、
 
詳しくはこちら

●ガイド料金

1名 15,000円 2名 28,000円(14,000円)
3名 39,000円(13,000円)
4名 48,000円(12,000円)
※(カッコ)内、1名料金
※保険代・交通費(ロープウェイ代含む)・食費・宿泊費は、ガイド料金に含まれません。
※子供(高校生以下)料金は上記の半額

・プライベート料金(上記より、10,000円追加)

・キャンセル料金の発生について
 7日前から2日前 ガイド料金の30%
 前日       ガイド料金の50%
 当日       ガイド料金の100%
※ご連絡のないキャンセルは後日全額ご請求させていただきます。

●山岳保険に関して

現在、当日の怪我や病気等の傷害保険に関して、お客様ご自身でご加入いただいております。
1日単位で加入できるレジャー保険や年間・月間で加入できるアウトドア保険等ございますので、お申し込みの際にご相談ください。

●当日の服装・装備

・服装に関して
速乾性の長袖・長ズボンが基本です。(虫、毒、岩や枝、紫外線から体を守ります。)
行動中や休憩中、発汗量や風の強さ等によって服の重ね着をしてその都度対応していきます。

4月〜6月:暖かな日もありますが、寒さ対策は万全に。
【行動中】長袖長ズボン、薄手のフリース、ツバ付き帽子、薄手の手袋
【休憩中】上記の他、薄手のダウンか化繊のアウター(フード付きは重宝します)

7月〜8月:行動中は暑く、稜線では汗が冷えて寒いです。
【行動中】長袖長ズボン、ウィンドブレーカー(稜線歩き)、ツバ付き帽子
【休憩中】上記の他、フリースや稜線での休憩は薄手のダウンか化繊のアウター(フード付きは重宝します)

9月〜11月:朝晩の冷え込みで紅葉が進み、行動中は動きやすい。
【行動中】厚手の長袖長ズボン、フリース、ツバ付き帽子、薄手の手袋
【休憩中】上記の他、ダウンか化繊のアウター(フード付きは重宝します)

12月〜3月:厳しい雪山の季節です。
【行動中】厚手の長袖長ズボン、風を通さないアウター、ツバ付き帽子、手袋
【休憩中】上記の他、フード付きの厚手のダウンか化繊のアウター、ニットの帽子

・装備に関して
【日帰り】
登山靴
ザック
ザックカバー
雨具(ゴアテックス等、透湿機能付き必須)
昼食
飲物(1〜2リットル。アミノ酸やクエン酸の入ったスポーツドリンクがおすすめです。)
行動食(休憩のたびに食べる、チョコや飴等)
ヘッドライト
日焼け止め
サングラス
タオル(手拭い等)
着替え
薬類
緊急時の連絡先、個人情報・血液型・病歴・持病・使用薬が記載された物一式。
コンパスと登山地図(ガイド付きだと持たない方が多いですが、あれば使い方等レクチャーしますよ。)

【山小屋宿泊登山】
上記の他、
充電器


【テント泊登山】
テント
マット
寝袋
調理器具
食材